【お知らせ】限定メニュー『四季のカード占い』

不真面目なのに…/CHILDREN

私は基本、不真面目なぐうたら人間なのですが…

いつも気を張っていることに今更気が付きました。

きっかけはお声掛け頂いたある言葉で、急に涙が出そうになって「そんな泣くことか?」と自分でも驚きました。

思えば名古屋に来てから、ずっと闇との戦いでした(ほぼ負け)

以前にもブログで少し書きましたが、天界系と関わると、普通の生活では知ることのない心の闇が浮き彫りになります。

今世や過去世のカルマ、ブロック、コード、憑依など…人によりますが、課題は出てきます。

私がもともと低次元や闇側にいることが多かったので余計にですが、天界系は自分の嫌な面を見せつけられるようで、苦しいと感じていました。

ちょっと良くなったかなと思ったら、今度は表層意識がなくなるかどうかの瀬戸際。

「いったいこれはいつまで続くんだろう…」と果ての見えない絶望を感じ、いっそ逃げ出したいと思うこともあります。

でも重く受け止め過ぎて、自分をこんなに苦しめていたんだなぁと今日気付きました。

自分をいじめても、良いことはないかもですね。

考えすぎることなく、もっと柔らかく、緩めていこうかなと思います(*^▽^*)

マリアオラクルカードから一枚

ブログ用に一枚引いてみました。

【CHILDREN】のカード。意外な感じがします😳

感じたこと

解説書で気になった点は、「人生の目的の一部が、子どもたちと関わることである人々がいます。(一部省略)〜聖母マリアは、こうした人々をも見守っています」のところです。

タイトルの【子どもたち】は宝物という意味のような感覚がします。

可能性はかけがえの無い財産です。

大人になっても、子どものような曇りのない目で可能性を信じて。

光の仕事をする人々を、暖かく見守っている印象です。

希望を失いそうな時ほど、大局的な目で物事を見ること。

不幸だと思い込んだ出来事も、良い流れをもたらすきっかけということもあるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA